転職中のお悩み

保育士が仕事と子育てを両立できる職場の見極め方

保育士ってすごく体力がいる仕事なので産休明け職場復帰するかどうか悩みがちですよね。

そこで今回は「保育士が子育てと両立しやすい園を探す場合どうすればいいのか」について解説していきます!

保育士の仕事と子育ての両立はなぜ難しいのか

職場の理解が乏しい

園長や周りの同僚の理解が乏しいと、肩身の狭い思いをしたり今まで(出産前)と同じように働くことになり保育士の継続は厳しくなってしまいます。

今では産休や育休・子育てしながら働きやすい制度などの福利厚生を備えている園も増えているのでそういった「理解して助けてくれる園」に転職するのも一つの手かと思います。

残業や持ち帰りの仕事が多い

保育士の問題として必ずあがる「残業や持ち帰りの仕事量」

家に帰っても家事や我が子と関わる時間が必要なのに、残業や持ち帰りの仕事が多くては寝る時間もなくなってしまいますよね。

残業時間の制限や仕事量の軽減などの配慮がなければ両立は厳しくなり子育てに専念するという選択をする方も多いようです。

体力的に厳しい

「保育士」も「子育て」も体力がいることなのに両立となるとかなり負担がかかってしまいます。

中には、無理をしすぎて体を壊してしまう方も…。

保育園とも家族ともよく話し合って復帰を考える必要がありそうです。

急な休暇がとりにくい

保育士は子どもの責任を負っているのでなかなか替えが効かない職業といえます。

そのため、他の職業よりも我が子の体調不良で欠勤・早退などが難しく他の先生たちにも気を使いますよね。

そういった理由から保育士復帰を諦める方も多いようです。

子育てと保育士を両立できる職場の選び方

小規模保育園や託児所で働く

そもそも園児が少なく、仕事量も少ない小規模保育園や託児所では余裕を持って働くことができます。

行事なども少ない園が多く、ばたつく時期や残業・持ち帰りの仕事がほぼないので無理せず両立できるようです。


小規模保育所が気になる方には「小規模保育園(乳児保育)への転職が人気な理由とメリットを徹底解説!」のページがおすすめです。

子育て中の保育士がいる園を選ぶ

子育て中の保育士がいるという同じ境遇の人が居るだけで強い味方になってくれますよね!

こういう時、どうしていますか?と言った質問や相談もできますし気持ちを分かってくれることが何よりも強いです。

子育て中の保育士が居たことがあるという実績のある園でも働きやすいかもしれません。

子育てしやすい支援を行っている園を選ぶ

子育てしながら保育士として働くために知っておきたい働き方についてご紹介していきます。

①時短正社員「短時間勤務制度」

時短正社員とは、フルタイムで働く正社員・契約社員を対象とした「通常の勤務時間よりも労働時間を短縮して勤務できる制度」です。

法律では3歳未満の子どもがいる労働者に対して利用が認められており「1日の所定労働時間を原則として6時間とする措置を含むもの」と記載されています。

こういった労働時間や給料などの詳細は職場によって違うので必ず詳細を確認しましょう。

フルタイムで働くには良い保育園だったけど、子育てとの両立となると待遇が悪くなる園もあるようなので要注意です。

②派遣保育士

派遣保育士は、人材派遣会社と雇用契約を結び保育園や保育士を必要とする企業に働きにいく働き方です。

保育園との直接雇用ではないため、フリー教諭や副担任(担任補佐)や一時保育の先生など補助的な役割を任されることが多いです。

また、時給制ということもあり正社員に比べて残業や持ち帰りの仕事も少ないので子育てとの両立もしやすくなりますね。

また、同じ職場でもパート・アルバイトに比べて派遣社員のほうが時給が50~100円ほど高いケースも見られます。

③パート・アルバイト

パートやアルバイトの保育士は短時間勤務や勤務日数が少ないことを前提として契約をします。

そのため、子育てや家庭を優先して無理のない両立が可能になりますね。

仕事内容としては、派遣保育士と同じで保育補助(フリー)などの業務を任されることが多いですが園の考え方によっては主になって保育をすることもあるようなので必ず確認しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

子育てと保育士を両立させたい方向けの保育園選びについて3つご紹介しました。

  • 小規模保育園や託児所で働く
  • 子育て中の保育士がいる園を選ぶ
  • 子育てしやすい支援を行っている園を選ぶ

しかし、いくら小規模保育園や子育て中の保育士がいる園を選んでも「働きやすい可能性が高い」だけ…

どんな園なのかといった内部情報や、子育て中の保育士に優しい支援があるのか、働き方の交渉などに有利なのが保育士転職サイトの利用です。

子育てしながら保育士復帰したいことや希望を伝えるだけで希望にあった保育園を探してくれますよ!

言いにくい休暇などの希望や給料などの交渉なども代わりに行ってくれるので転職が有利になりますね^^

転職サイトを利用するポイント

転職サイトによって扱っている求人や情報が違います。
そのため、一般的に2~3社の転職サイトに登録して求人や口コミなどを比べて転職している方が多いようです。

おすすめの保育士求人サイト

マイナビ保育士
評価
求人数 10000件以上
求人エリア 都会がメイン
特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 大手転職サイトの安心感
  • 直接面談もOK
  • Pマーク取得企業

(Pマーク=プライバシーマーク)

\ マイナビ保育士の /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

保育情報どっとこむ
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 全国
特徴
  • 非常勤の求人が多い
  • 面接前に保育体験が可能
  • 派遣契約なら毎年昇給制度あり

\ 保育情報どっとこむの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

保育ひろば
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 主に首都圏
特徴
  • 首都県の求人数は業界トップクラス
  • アドバイザーが優秀
  • プライバシーマーク取得企業
  • 地方からの面接交通費が5000円まで保証

\ 保育ひろばの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です