転職中のお悩み

保育士の仕事と子育てを両立する時に知っておきたい働き方

働く女性には「結婚や妊娠をしたときにどうしよう?」といった悩みはつきものですよね。

保育士として働き続けたいけど、仕事がハードだから諦める方も少なくないです。

しかし保育士の処遇改善もあり、子育てしながら保育士に復帰しやすい制度などもできているのをご存知ですか?

そういった制度や福利厚生も園によって大きく違ので「子育てと保育士の仕事を両立しやすい働き方」について解説していきます。

保育士が考える産休明けの選択肢

保育士が産休明けに仕事をどうするかについては、大きく分けて3種類あります。

産休明け保育士の選択

  • 仕事を退職して子育てに専念する
  • 仕事を休業して子育てが一段落してから復職する
  • 子どもを保育園にあずけて保育士の仕事を続ける

これは、家庭ごとの事情や本人の価値観にもよるのでどれがいいとは言えませんよね。

しかし、子どもを育てるプロであるはずの保育士がなぜ保育士と子育てとの両立を躊躇するのでしょうか?

子どもを子育てとの両立が難しい理由について考えてみました。

保育士の仕事と子育ての両立はなぜ難しいのか

職場の理解が乏しい

園長や周りの同僚の理解が乏しいと、肩身の狭い思いをしたり今まで(出産前)と同じように働くことになり保育士の継続は厳しくなってしまいます。

今では産休や育休・子育てしながら働きやすい制度などの福利厚生を備えている園も増えているのでそういった「理解して助けてくれる園」に転職するのも一つの手かと思います。

残業や持ち帰りの仕事が多い

保育士の問題として必ずあがる「残業や持ち帰りの仕事量」

家に帰っても家事や我が子と関わる時間が必要なのに、残業や持ち帰りの仕事が多くては寝る時間もなくなってしまいますよね。

残業時間の制限や仕事量の軽減などの配慮がなければ両立は厳しくなり子育てに専念するという選択をする方も多いようです。

体力的に厳しい

「保育士」も「子育て」も体力がいることなのに両立となるとかなり負担がかかってしまいます。

中には、無理をしすぎて体を壊してしまう方も…。

保育園とも家族ともよく話し合って復帰を考える必要がありそうです。

急な休暇がとりにくい

保育士は子どもの責任を負っているのでなかなか替えが効かない職業といえます。

そのため、他の職業よりも我が子の体調不良で欠勤・早退などが難しく他の先生たちにも気を使いますよね。

そういった理由から保育士復帰を諦める方も多いようです。

仕事と子育ての両立に必要な協力者

家族の理解と協力

家事や育児の分業

育児と保育士の仕事を両立していくためには、旦那さんを始めとする家族の理解と協力が必要不可欠になります。

最近では保育園のお迎えはパパが来てくれる!という子どもも少なくありません。

「子どもの送り迎え」や「ゴミ出し」「洗濯」など旦那さんができることについて相談し一緒に大変な時期を乗り越えてもらう姿勢が大切ですね。

急な子どもの体調不良などの対応

一番問題視されやすいのが、子どもが急に体調不良になった場合の対応。

どちらが仕事を休むのか、祖父母に預けるのか、病児保育などに預けるのかなどを相談しておく必要があります。

病児保育も事前の登録などが必要なので利用する場合は必ず事前に利用方法についても確認しておきましょう。

子育てに優しい保育士の働き方

時短正社員「短時間勤務制度」

時短正社員とは、フルタイムで働く正社員・契約社員を対象とした「通常の勤務時間よりも労働時間を短縮して勤務できる制度」です。

法律では3歳未満の子どもがいる労働者に対して利用が認められており「1日の所定労働時間を原則として6時間とする措置を含むもの」と記載されています。

こういった労働時間や給料などの詳細は職場によって違うので必ず詳細を確認しましょう。

フルタイムで働くには良い保育園だったけど、子育てとの両立となると待遇が悪くなる園もあるようなので要注意です。

派遣保育士

派遣保育士は、人材派遣会社と雇用契約を結び保育園や保育士を必要とする企業に働きにいく働き方です。

保育園との直接雇用ではないため、フリー教諭や副担任(担任補佐)や一時保育の先生など補助的な役割を任されることが多いです。

また、時給制ということもあり正社員に比べて残業や持ち帰りの仕事も少ないので子育てとの両立もしやすくなりますね。

また、同じ職場でもパート・アルバイトに比べて派遣社員のほうが時給が50~100円ほど高いケースも見られます。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの保育士は短時間勤務や勤務日数が少ないことを前提として契約をします。

そのため、子育てや家庭を優先して無理のない両立が可能になりますね。

仕事内容としては、派遣保育士と同じで保育補助(フリー)などの業務を任されることが多いですが園の考え方によっては主になって保育をすることもあるようなので必ず確認しておきましょう。

施設形態を厳選する

「保育園」といっても様々な施設形態や規模がありますし、保育士が活躍できる職場も幅広くなってきています。

思い切って子育てと両立しやすい園に絞ってみるのも得策ですよね!

子育てと両立しやすい傾向にある保育園の種類

小規模保育園 小規模保育園とは、保育対象年齢が0~2歳限定で定員が6~19名の保育園のこと。

関連ページ:小規模保育園(乳児保育)への転職が人気な理由とメリットを徹底解説!

企業内保育所 企業内保育所とは、企業が自社の従業員の働きやすさを考え子どもを預かったり保育サービスを行う保育所のこと。

関連ページ:【企業内保育所とは】保育士として働く2つのメリットとのデメリット

院内保育 院内保育所とは、病院に勤務している医師や看護師(医療従事者)の子どもを中心に預かる園のことで「事業所内保育所」の一つです。

関連ページ:【院内保育所とは】保育士として働く6つのメリットとデメリット

病児保育 病児保育とは、保育園や幼稚園に通っている子どもが何らかの病気や怪我が原因で登園できず、保護者が仕事を休めない時などに利用される保育サービスです。

関連ページ:【病児保育所とは?】転職で人気な理由とメリット・デメリットを紹介!

その他 保育園や幼稚園以外で保育士としての経験を活かしたい方にはこちらの記事がおすすめです^^

おすすめの記事:【保育園以外の転職先】保育士資格を活かせる職業について考えよう

子育てと両立しやすい転職先を探すなら?

求人票には「子育てに理解があるか」「残業や仕事量はどのくらいか」は書いていません。

小規模保育園などを選んだとしても所詮「子育てしやすい傾向にある施設形態」なだけであって本当に子育てしやすいかどうかは働いてみないと分からないです。

転職先の希望を叶えるならおすすめなのが転職サイトへの相談です!

子育てしながら無理なく働ける保育園を探しています。。。週5で勤務可能ですが1日6時間程度で抑えたいです。
勤務地に関するご希望はありますか^^?

今の所、この3園だと時短保育士の対応も可能で実際に子育て中の保育士が活躍しています!

残業等も少ないのでおすすめできそうですがいかがでしょうか?

(※会話例です)

など、転職サイトのエージェントに希望や自分の状況などを伝えると自分にあった職場を一緒に探してくれて「その園が行っている子育てへの支援」についても前もって確認してくれます。

言いにくい休暇などの希望や給料などの交渉なども代わりに行ってくれるので転職が有利になりますね^^

転職サイトを利用するポイント

転職サイトによって扱っている求人や情報が違います。
そのため、一般的に2~3社の転職サイトに登録して求人や口コミなどを比べて転職している方が多いようです。

おすすめの保育士求人サイト

マイナビ保育士
評価
求人数 10000件以上
求人エリア 都会がメイン
特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 大手転職サイトの安心感
  • 直接面談もOK
  • Pマーク取得企業

(Pマーク=プライバシーマーク)

\ マイナビ保育士の /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

保育情報どっとこむ
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 全国
特徴
  • 非常勤の求人が多い
  • 面接前に保育体験が可能
  • 派遣契約なら毎年昇給制度あり

\ 保育情報どっとこむの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

保育ひろば
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 主に首都圏
特徴
  • 首都県の求人数は業界トップクラス
  • アドバイザーが優秀
  • プライバシーマーク取得企業
  • 地方からの面接交通費が5000円まで保証

\ 保育ひろばの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です