転職中のお悩み

【退職してもいい?】保育士1年目で辞めたら転職に影響は出るのか

1年目で辞めるのは甘え

保育士は3年続けないと職歴がつかないから…

そんな風に思っていませんか?

確かに誰でもしんどいから辞めればいいという訳ではありませんが、このページにたどり着いた保育士さんは限界を感じているのではないでしょうか。

恥ずかしい話ですが、私自身1年目の頃から限界を感じていたのに3年目まで辞められず倒れ家族に引きずられるようにして退職した保育士です。

今回は私の経験を活かしながら「保育士1年目で辞めても大丈夫かどうか」という話をしていきたいと思います。

保育士1年目で退職するとどうなる?

単刀直入に言うと、1年目で保育士を辞めたからといって「もう就職できない」なんてことはありません。

そもそも保育士は人手不足で有名な業界ですよね。

たとえ新卒だろうが10回転職していようが欲しがる園は少なくありません。

転職先が「この保育士に問題があって辞めたのかな」「うちでもすぐに辞められるのかな」と思われることに関しては面接で話す退職理由でフォローすればOK!
(退職理由についてはスクロールしていただいて「保育士1年目で退職する時に注意すること」で解説しています)

そもそも、保育士1年目で退職することって悪いことなのでしょうか?

保育士は3年続けなければいけない論争

大学や保育園で「保育士は3年続けなければいけない」と言われたことはありませんか?

職歴がつかないだとか、本当の保育士の楽しさがわからないだとか。

確かにできるなら3年とは言わず同じ園で働き続けることができればいいですよね。

保育士は3年続けなければならない理由として新卒の間は初めてのことも多くてどうしても大変さが勝ってしまうことが挙げられます。

それが2年目になるとわかることも増えてきて3年目になると保育にも余裕が出てくる。

そうなった時には保育園や他の保育士との信頼関係もできてきて、大変さよりも保育のやりがいを感じられるようになるからです。

他にも転職する時に確かに職務経歴書の見栄えは良いですよね。

でも理由ってそれだけなんです。

あなたが今の保育園を辞めたい理由って3年続けたら解消されることですか?

自分がしっかりすれば嫌味を言う先輩保育士は優しくなりますか?

合わない園の教育方針や仕事量って続けてなんとかなるものですか?

大学や保育園が「続けた方がいい」って言うのって保育士を減らしたくないからですよね。

あなたのことを考えて言った言葉ではないと思います。

悪環境の中で3年過ごすなら次の保育園でしっかりと経験を積むほうがあなたの為になるのではないでしょうか?

「保育士1年目で辞める」のは珍しいことではない

この右の表を見てください。

厚生労働省が公開している「保育士としての勤務年数」です。


参考:厚生労働省|保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて

1年未満で退職している保育士は10人に1人いるのです。

しかも、1年以上保育士を続けている中にも1年未満で退職をして別の保育園で働いている保育士もいるでしょう。

あなたの周り(同級生など)でもそもそも保育士にならなかった人、保育士を1年以内に辞めた人っていませんか?

私の周りでも普通に研修期間に飛んだ同級生もいましたよ。(笑)

「保育士1年目で退職する」ということにコンプレックスを持ちすぎていませんか?

  • 人手不足だから辞められない
  • 園長が辞めさせてくれない
  • 他の保育士を置き去りにするなんて
  • 親に心配をかけたくない
  • どの園に行っても一緒だと思う

まだこうやって退職を避けようとする方にはこの記事を読んで欲しいです。

関連ページ:【保育士辞めたい!】辞めたらどうなるか怖くて転職できない方へ

保育士1年目で退職する時に注意すること

転職先への退職理由はポジティブに言い換える!

保育士だけでなく、在職期間が短いと転職先も「うちもすぐに辞められる?」「この人に問題があるのかな」と不安を与えてしまいますよね。

その不安を払拭するのが「退職理由をうまく伝えること」

いじめられていた
人間関係が良くなかった
残業が多すぎた
拘束時間が長い
保育方針が合わない
チームワークを大切にしたい
上司が絶対ではなくより良い保育がしたい
保育について考えられる余裕が欲しい
子どもたち1人ひとりとの関わりを大切にしたい
のびのびと保育がしたい

どちらの印象がいいですか?

退職理由は嘘をつくのではなく「こういう保育がしたい」「こんな保育士になりたい」などポジティブに言い換えることが大切です!

他にも、退職理由の言い換えについてまとめているページに例文も載せているのでぜひ参考にしてください^^

園長からの引き止めや暴言への対処

保育士1年目は「社会人1年目」でもある方が多いので、辞めるというと保育園側も上からな態度を取ってくることも多いようです。

まずは、保育園が改善できるような退職理由を園長に言わないことが引き止めを軽減するコツ。

そして引き止めに関しては自分に退職の自由があることを頭において、はっきり辞める決意が固まっていることを示すことが大切です。

引き止めに関しての対処法は「【引き止めに負けない】園長の言葉に負けず保育園をさっと退職する方法」のページがおすすめです。

転職先は決めてからが吉

ただでさえ、いっぱいいっぱいになりながら転職活動なんて無理!と思うかもしれませんが転職先は決めておくのがおすすめです。

ブランクが空いてしまうとまた転職が不利になる理由が増えてしまいますし、今の保育園を辞めやすくするためにも頑張りましょう!

在職中の転職、次は職場選びに失敗したくない!という2つの願いを叶えられるのが転職サイトの協力です。

ハローワークと違って保育に詳しいアドバイザーが求人先の雰囲気や内部情報まで教えてくれるので転職が有利になります。

また、電話で求人の相談をするだけで面接の日程を決めたり事務手続きはアドバイザーが行ってくれるので時短にもなりますよ。

ただ転職サイトにも対応地域や得意な分野などがあるので、どこに登録してもいいという訳でもありません。

ここで説明するのも大変なので、あなたに合った転職サイトを見つける診断を作ってみました。

良ければ活用してみてくださいね^^

あなたの保育士人生が少しでも明るくなりますように!

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です