転職中のお悩み

【保育士の転職】園見学で見るべき6つのポイントと質問したいこと

みなさんは転職のときなんとなく園見学に行っていませんか?

園見学には良い保育園選びのヒントがたくさんあるのを見落としていませんか?

私が転職に失敗したときも園見学さえしっかりしていれば…という後悔がありました。

そこで今回は「園見学で見るべき6つのポイントと質問したいこと」について解説していきます!

園見学をするときに見ておくべきポイント

園見学でおすすめの着目点

  1. 保育方針や子どもとの関わり方
  2. 子どもたちの様子
  3. 園全体の雰囲気や保育士の年齢層
  4. 衛生状況や安全管理が行き届いているか
  5. 製作物や壁面装飾の難易度
  6. 備品(おもちゃ・絵本等)が充実しているか

保育方針や子どもとの関わり方

保育業界は特に保育園によって子どもへの関わり方や保育士方針も変わってきます。

これが保育士個人の保育方針や目指している保育士像と違ってくるとかなりのストレスに…。

園見学ではまず大前提として「自分がしたい保育がこの園でできるかどうか」というポイントを考えてみる必要があります。

ぜひ、園見学中も自分がここで働いていることをイメージしてみてください!

子どもたちの様子

実のところ私の転職失敗談では、園見学で保育士と子どもの関わり方を見ていれば…という反省があります。

子どもが笑わない、保育士の顔色を伺っている、怯えている等は案外すぐに分かるもの。

のびのびと子どもが遊べる環境か、保育士との関係性などをみていきたいですね。

園全体の雰囲気や保育士の年齢層

保育中の雰囲気も大切ですが、園長先生の雰囲気や保育士同士の雰囲気についても少しでも汲み取りたいところです。

園見学でわかることといえば、積極的に挨拶を返してくれるか等がありますよね。

他にも保育士同士が話している雰囲気や保育士の年齢層に不安がないかなども確認しておくといいでしょう。

衛生状況や安全管理が行き届いているか

保育園の衛生状況や安全管理についても保育の基本として重要なことになってきます。

特に安全管理では子どもがつまづきそうな場所や触れたら危ないものへの対処はされているかなどは見ておく必要があります。

そこで働くことになってときには自分のクラスの子どもが怪我をする可能性もあります。

自分がそこで子どもを見る目線になってしっかりと確認しておきましょう。

製作物や壁面装飾の難易度

意外と保育のヒントになるのが、飾ってある製作物や壁面装飾の内容!

「年齢に合っていない製作物だな…」「月にどれだけ製作するの!?」「大掛かりな製作が多いな…」など色々なヒントが隠されています。

最近では子どもの成長よりも「インスタ映えする保育」を強要する園もあり、そうなると自分がしたい保育とは合わない可能性もありますよね。

ぜひ、子どもが作って飾ってある製作や保育士が作った壁面などにも注目してみてください!

備品(おもちゃ・絵本等)が充実しているか

おもちゃや絵本、体を動かせるような備品が十分に揃っているかも意外と重要になってきます。

備品が少ないと子どもも飽き飽きしてしまったり、保育の幅も広げにくかったりと自分が働いたときに窮屈になってしまう可能性も。

特に、雨で外遊び(公園遊び)ができないときにどのように過ごすのかなど考えておきたいですね。

園見学で質問しておきたいこと

園見学で質問したいこと

  • 1日の流れ
  • 製作やカリキュラムの内容
  • 力を入れている保育と内容
  • 外遊び(公園遊び)の頻度や様子
  • 雨の日の過ごし方
  • 行事ごとの頻度や内容
  • 保育士の年齢層
  • 土曜日出勤の頻度

などなど、1日では見きれない保育の様子を重点的に聞くことをおすすめします!

園見学での質問は「保育に対しての意欲」を伝えられる場面でもありますので、保育に対する質問は積極的にしていきましょう!

逆に、園見学は保育士側が園を視察するだけのイベントではありません。

保育園側も保育士のことを見ているのでもちろん採用にも関わります。

園見学や転職者としてのマナーや、悪印象になりかねない給料や雇用形態の質問に偏りすぎた話ばかりするなどのことは控えましょう。

かといって、残業や人間関係、給料の話などリアルな話も気になりませんか!?

…そんな内容まで確認するのは不可能なのでしょうか?

1日では見れない、質問しづらい内容はどうする?

直接聞きづらいようなことは、転職サイトを通して確認するのがおすすめです!

しっかり確認するなら転職サイトがおすすめな理由

  • 園の内部情報まで把握済なことが多い
  • 聞きづらいことも代わりに上手く聞いてくれる
  • そもそも条件を伝えれば求人を絞ってくれる

保育士専用の転職サイトでは、園と何度も話しをしたり訪問して園の雰囲気から給料の詳細など求人に載っていない情報まで知っていることが多いです。

エージェントが知らないようなことでも、上手く確認を取ってくれるので「聞きづらくて聞けなかった…」という不安がなくなりますよ^^

理想の求人が見つかりやすい保育士転職サイト

転職サイトを利用するポイント

転職サイトによって扱っている求人や情報が違います。
そのため、一般的に2~3社の転職サイトに登録して求人や口コミなどを比べて転職している方が多いようです。

ランキング1位  マイナビ保育士
評価
求人数 10000件以上
求人エリア 都会がメイン
特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 大手転職サイトの安心感
  • 直接面談もOK
  • Pマーク取得企業

(Pマーク=プライバシーマーク)

\ マイナビ保育士の /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

    ランキング2位 保育情報どっとこむ
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 全国
特徴
  • 非常勤の求人が多い
  • 面接前に保育体験が可能
  • 派遣契約なら毎年昇給制度あり

\ 保育情報どっとこむの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

ランキング3位 保育ひろば
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 主に首都圏
特徴
  • 首都県の求人数は業界トップクラス
  • アドバイザーが優秀
  • プライバシーマーク取得企業
  • 地方からの面接交通費が5000円まで保証

\ 保育ひろばの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. […] 他にも園見学で質問しておきたいことについて気になる方は「【保育士の転職】園見学で見るべき6つのポイントと質問したいこと」の記事がおすすめです。 […]

  2. […] おすすめの記事:【保育士の転職】園見学で見るべき6つのポイントと質問したいこと […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です