実体験BLOG

【保育士の転職】複数の保育園面接を受ける方に伝えたいこと

保育士として転職しようと思うと「複数園の面接をしてから転職先を選ぶ」というやり方も多いですよね。

私も今働いている保育園の転職活動をするときは一気に3件の面接を受けた中から決めました。

そんな複数の保育園面接を一気にした経験から言える「注意してほしいこと」「おすすめのやり方」についてご紹介していきます!

複数の保育園面接を受ける時に注意したいこと

複数園の面接を受ける時の注意点

  • 必要書類が違ってくる場合がある
  • 教育方針や志望動機がごちゃごちゃになる
  • 他にも応募している園はありますか?と聞かれる

必要書類が違ってくる場合がある

保育園面接で必要な書類は主に「履歴書」と「職務経歴書」になりますが、職務経歴書が欲しい園といらない園(聞けば良い)とあることがあります。

私が受けた3件の保育園面接の場合だと…

面接に必要な書類
A園 履歴書+職務経歴書
B園 履歴書のみ
C園 履歴書+職務経歴書+交通費の証明書(駅でもらう)

といった感じで園によって必要な書類が違いました。

さらに、履歴書には「志望動機」「通勤時間」など提出する園によって違う内容も含まれているので要注意です!

面接の時点で交通費の証明を見せるのは稀なようですが、言われたからには用意しなければなりません。

園によっては稀に面接の交通費を出してくれることがあったり、交通費がどのくらいかかるのかを事前に知りたい園もあるようです。

園によって用意して欲しいものの他にも「私服でいいよ」など言われたことがごちゃごちゃにならないように注意しましょう。

教育方針や志望動機がごちゃごちゃになる

面接前には、おそらく園の教育方針などを調べたり志望動機を考えたりしますよね。

そういった園ごとの情報がごちゃごちゃになってしまう場合があるので注意しましょう。

例えば、A園の「食育に力を入れている」という教育方針をB園でしてしまうと「うちは別に食育に力を入れてないけどな…何を調べてきたんだろう?」ということになってしまいますよね。

ましてや違う園の志望動機を話してしまうということは、うちの園は第一志望ではないと受け取られイメージダウンです。

必ず園ごとの情報は混ざってしまわないようにしましょう。

他にも応募している園はありますか?と聞かれる

たまに聞かれるのが「他にも応募している保育園はありますか?」という質問。

これは相手もうちに来てくれる気がどのくらいあるのか知りたいのですが、正直に答えるしかありません。

ただし、嘘でも「ここが第一志望ですよ!」ということを押し出しておくことをおすすめします。

複数園受ける時に対策としておくと便利なこと

園ごとにファイルを分ける

まずは、注意点でもお話した通り履歴書には「志望動機」など提出する園によって内容が違ったり、そもそも提出する書類が違う場合もあります。

そのため複数の保育園面接を受けるのであれば、必ずその園専用のクリアファイルを用意して間違いを防ぎましょう。

私の場合、クリアファイルに「〇〇園様」と付箋を貼っておいて白いA4の封筒に入れた履歴書類のみを渡すようにしました。

園名を書いているのが見えてしまうと「他に園にも応募している」と感じ取られてしまうので極力園名は見せずあくまで自分の確認用として使いましょう。

園ごとに分けてメモを取り面接前に確認する

意外と面接になると緊張したりして調べた内容についても抜けてしまう可能性があります。

そのため、園に関する情報や園ごとに変わってくる応答内容はメモをして面接前に確認できるようにすることをおすすめします^^

面接前に確認したい園の情報

  • 教育方針(公式サイト丸写し)
  • その園の志望動機
  • 定員人数(クラス配置)
  • 通勤方法・通勤時間・交通費
  • その園に質問したいこと

面接後、帰ってすぐに面接内容について書き出す

意外とめんどくさくなってしないのが「面接内容の振り返り」

私の場合、転職サイトを通して同じ日に2園の面接を受けました。

その時に「1つ目の園が終わった段階で連絡した方がいいですか?」と聞いて見たところ…

一緒に転職先を考える上で、面接の率直な感想を聞きたいのでできれば面接後すぐに連絡をくだるとありがたいです。このまま次の面接を受けてしまうと前の面接が薄れてしまって後悔する方が多いので…。

サイトやエージェントによって違いがあります。

転職のプロが面接後すぐに振り返りをした方がいいと言っているので信憑性は高いですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

複数の保育園面接を受ける際にしたほうが良いことについてお話しました。

複数園の面接を受ける際にしておいた方が良いこと

  • 園ごとにファイルを分ける
  • 園ごとに分けてメモを取り面接前に確認する
  • 面接後、帰ってすぐに面接内容について書き出す

私は転職サイトという強い味方をつけて転職をしたおかげで今の保育園を続けられています。(私の転職話はこちら

意外と難しい面接日の日程調整もエージェントがうまくやってくれるので「何日だったら忙しいかな…」「何時だったらいいかな…」など気を使うことなく面接に望むことができますね^^

最後にこういった面接対応に強い転職サイトについてご紹介して終わります!

あなたの転職が上手く行きますように…!

転職サイトを利用するポイント

転職サイトによって扱っている求人や情報が違います。
そのため、一般的に2~3社の転職サイトに登録して求人や口コミなどを比べて転職している方が多いようです。

おすすめのエージェント付きな保育士求人サイト

ランキング1位  マイナビ保育士
評価
求人数 10000件以上
求人エリア 都会がメイン
特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 大手転職サイトの安心感
  • 直接面談もOK
  • Pマーク取得企業

(Pマーク=プライバシーマーク)

\ マイナビ保育士の /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

    ランキング2位 保育情報どっとこむ
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 全国
特徴
  • 非常勤の求人が多い
  • 面接前に保育体験が可能
  • 派遣契約なら毎年昇給制度あり

\ 保育情報どっとこむの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

ランキング3位 保育ひろば
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 主に首都圏
特徴
  • 首都県の求人数は業界トップクラス
  • アドバイザーが優秀
  • プライバシーマーク取得企業
  • 地方からの面接交通費が5000円まで保証

\ 保育ひろばの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です