転職中のお悩み

保育士が処遇改善を目指す前に知っておいた方が良いポイント

こんにちは。

保育士の処遇改善は徐々に始まっているのをご存知ですよね?

しかし少しでも改善されたと実感できていますか?

実感できていない方は働いている園が要注意かも…?

近年の保育士平均年収について

「保育士の給料は低すぎる!」と今注目されていますが、【保育士辞めたい!】データから見る退職理由と改善希望点の本音でもご紹介しているように給料面への不満から保育士を退職している方が多いのが現状です。

よく聞くのは「手取りが15万円しかない」など手取り20万円に満たないという悲鳴。

しかし現在、深刻な待機児童問題や保育士不足により国は保育士の処遇改善に取り組んでいこうという傾向にあります。

ここで厚生労働省が調査した「実際の保育士平均年収」を見てみましょう。

実際の保育士の平均年収


厚生労働省|資金構造基本統計調査

この表を見るとすごく年収が上がっているように見えますよね。

このように保育士の給料(年収)が上がっていっている理由としては以下の理由が挙げられます。

保育士の給料が上がっている理由

  • 保育園が保育士を確保するために給料を上げている
  • 国が処遇改善のために保育園に補助金を出している

しかし、あなたの職場の給料はどうですか?

この表から平成30年度の収入を見ても「月収25万円程度」と計算できますがいかがでしょうか?(ボーナスは2ヶ月分と計算)

私も含め、このページを見てくださっている方は処遇改善されている実感が薄い方だと思います。

そこで、「処遇改善されている実感がない理由」と「処遇改善したい時に知っておくべきポイント」について解説していきますね。

処遇改善したいと思った時に知っておきたいポイント

地域によって給料の格差がある

【平成30年度】都道府県別の保育士平均年収

1位
東京都
434万円 17位
大阪府
347万円 33位
三重県
332万円
2位
京都府
309万円 18位
滋賀県
346万円 34位
長野県
331万円
3位
千葉県
397万円 19位
宮崎県
346万円 35位
高知県
331万円
4位
神奈川県
384万円 20位
熊本県
343万円 36位
新潟県
331万円
5位
岡山県
384万円 21位
北海道
343万円 37位
和歌山県
330万円
6位
広島県
378万円 22位
山口県
342万円 38位
秋田県
328万円
7位
福岡県
376万円 23位
山梨県
341万円 39位
島根県
328万円
8位
石川県
367万円 24位
奈良県
340万円 40位
徳島県
322万円
9位
青森県
366万円 25位
岩手県
339万円 41位
富山県
321万円
10位
愛知県
365万円 26位
福島県
339万円 42位
福井県
320万円
11位
岐阜県
363万円 27位
香川県
338万円 43位
鳥取県
318万円
12位
群馬県
359万円 28位
愛媛県
337万円 44位
沖縄県
316万円
13位
兵庫県
357万円 29位
大分県
335万円 45位
宮城県
315万円
14位
長崎県
357万円 30位
佐賀県
333万円 46位
茨城県
315万円
15位
栃木県
354万円 31位
鹿児島県
332万円 47位
山形県
312万円
16位
埼玉県
352万円 32位
静岡県
332万円

※端数切捨て
出典:厚生労働省|資金構造基本統計調査

あなたがお住まいの都道府県はいかがでしたか?

平均年収1位の東京都と最下位の山形県では年間120万円も違ってくる計算になります。

いくら国が処遇改善をしようとしてもベースの年収が低いとどうしても他の都道府県との差を埋めるのは難しいです。

簡単にとは言いませんが、本気で処遇改善を目指したい方は地域を変えてみるというのも一つの方法になりますね。

処遇改善に力を入れない園について知る

交付金を給料に反映しない保育園がある

先程も国から処遇改善のために交付金(補助金)が出始めていると解説しました。

他にも保育士がキャリアアップ研修を受けて専門分野リーダーなどになった際にも交付金が発生します。

しかし、この交付金をいどのくらい保育士に反映するかは保育園側が決めることができるため結局、園次第になってしまうのが現状です…。

この現象も問題視されているので改善されればいいですが、処遇改善に力を入れているかどうかを見極めていかなければ処遇改善の夢は遠のきそうです。

人件費を削って運営しようとする保育園がある

一般の保育園では運営費の7~8割が人件費だと言われています。

しかしwebマガジン「WEB世界」の記事によれば、中には運営費の2~3割まで人件費を削減して運営している園もあるそう。

(株式会社立の保育園でワースト10の園名まで記載されています。)

私でも聞いたことがある園名、運営者が普通に並んでいるので驚きました。

処遇改善に力を入れない園へのまとめ

残念ながら園の方針次第では処遇改善が期待できるかどうかがはっきり分かれることが分かりましたね。

今の園が期待できないなら手っ取り早いのは明らかに転職になってきます。

でも求人を見てそんな運営方針までわかりますか…?

そんな時におすすめな転職方法についてご紹介します。


関連ページ:保育士が処遇改善を目指す前に知っておいた方が良いポイント

 

転職して処遇改善したい時におすすめな方法

一番簡単な方法として、おすすめなのが転職サイトに登録して転職をすること。

【保育士の転職】ハローワークでの転職をおすすめしない理由でも解説していますがハローワークはおすすめしません。)

転職サイトがおすすめな理由

  • 無料で転職アシストしてくれる
  • 処遇改善したいと伝えるとおすすめの園を調べてくれる
  • 人間関係や園長の人柄なども教えてくれる
  • 実際の残業時間や働いてからのイメージも伝えてくれる
  • 採用率もup!

などなど保育士は使わなきゃ損なサービスです。

もっと詳しく転職サイトについて知りたい方は【良い園を選ぶ為に!】保育士転職サイトが必要だと言われる理由の記事を見て検討してみてくださいね^^

処遇改善に強いおすすめの保育士転職サイト

転職サイトを利用するポイント

転職サイトによって扱っている求人や情報が違います。
そのため、一般的に2~3社の転職サイトに登録して求人や口コミなどを比べて転職している方が多いようです。

ランキング1位  マイナビ保育士
評価
求人数 10000件以上
求人エリア 都会がメイン
特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 大手転職サイトの安心感
  • 直接面談もOK
  • Pマーク取得企業

(Pマーク=プライバシーマーク)

\ マイナビ保育士の /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

    ランキング2位 保育情報どっとこむ
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 全国
特徴
  • 非常勤の求人が多い
  • 面接前に保育体験が可能
  • 派遣契約なら毎年昇給制度あり

\ 保育情報どっとこむの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

ランキング3位 保育ひろば
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 主に首都圏
特徴
  • 首都県の求人数は業界トップクラス
  • アドバイザーが優秀
  • プライバシーマーク取得企業
  • 地方からの面接交通費が5000円まで保証

\ 保育ひろばの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です