転職中のお悩み

【4つのポイント!】保育士が円満退職をするためにできること

 

こんにちは。

今回は転職前に必ず通る「退職」を円満退職にするためにできることについてお伝えしていこうと思います!

私自身、転職をした経験もあるのでそういったことも踏まえて記載していきますね^^

①保育士の退職するタイミング

一般企業は退職する1ヶ月前を目安に転職意志を伝えればいいとされていますが、保育士の場合クラスのことや行事ごとで忙しい時期があったりと他の業種よりも退職には気を使いますよね。

保育士・幼稚園教諭は、1年で(4月)で1クールになる職業。

しかも来年度の職員配置にも関係してくるので、できることなら3月末に退職するのがベストと言えます。

(かといって、体調や精神的に無理をするのはもちろん禁物。)


私が無理をして実際に鬱状態になった時の話:【過労死寸前】私が実際に就職したブラック幼稚園の実態と退職後の話

 

②園に退職の件を伝えるタイミング

園からお伺いがある場合

夏から秋頃になると、園側も来年の人事配置や職員募集をかけるために「来季について」お伺いがある場合があります。

そういう風に園から聞かれることがある職場では、その時に退職したいことを話せるのがベストですね^^

その時に続けると話してしまったら絶対に続けなければならないという訳でもありません。

事情が変わってしまったことを謝りつつ、退職理由をなるべく早く伝えましょう。

行事や次の人事配置に影響のない年末ごろまでに

保育園や幼稚園では、来季の人事配置を年末ごろから考え出す園が多いようです。

また、行事ごとの関係からも10月~12中旬までに退職することを相談するのがベストとされています。

退職までの期間としては、2~3ヶ月前には伝えておくと職場にも迷惑がかかりにくいといえますね。


転職時期について気になる方におすすめの記事:【辞めてから?働きながら?】保育士が転職活動を始めるベストタイミング

 

③スムーズに退職するための流れ

身近な先生に伝えてから園長に話す

退職することを園長に話す前に直属の上司や身近な先輩に話を通しておくのが一般的です。

具体的に言えば、主任やパートナーを組んでいる保育士など。

ただし注意したいのが先に伝えた保育士から園長に退職の話が伝わってしまうこと!

そういったことから話がこじれないために必ず「まだ園長先生にはお話していないのですが…」ということを伝えておきましょう。

事前に相談があることを伝えて、場所を選ぶ

いざ、退職することを園長に伝える際にはあらかじめ「ご相談したいことがあるのですが…」と伝えて落ち着いて話せる場所を選びましょう。

おそらく、園長側が選んでくださると思いますが事務所や園長室など人通りが少ない場所が良いですよね^^

もちろんですが、メールやLINEなどで退職したいことを伝えるのはNGですよ!

引き継ぎは書面に残して確実に!

担任や業務の担当など、今まで自分が任せて頂いていたことは退職までにしっかり引き継ぎを行います。

この時、注意したいのが引き継ぎは口頭だけで伝えるのではなく書面に残しておくこと!

退職してその園を去るのですから、後任の保育士が「ここどうだったかな…」という不安が極力ないようにするのが最後の責任です。

子どもや保護者の特徴や配慮していたこと、行事や担当にあたっていた業務内容や反省などを書面にまとめて退職までに目を通してもらいましょう。

退職日のお礼について

退職の挨拶を言う

退職日には、職場の方々に向けて退職の挨拶とお礼を伝えます。

退職日とはいえ、通常の保育があるので朝礼や終礼時に簡潔に伝えるのがポイントです^^

退職の挨拶におすすめの内容
  • 保育士として成長できたこと
  • 指導への感謝と成長できた内容
  • 職場のいいところ
  • 職場での思い出に残るエピソード

お礼の品

基本的にみなさんに向けて菓子折りなどを用意する場合が多いですが、最近は一人ひとりにも小さなお礼の品を配る保育士も多いようです。

その場合は、高くても1人500円以内程度。

あまり高いものを渡すとかえって気を使う保育士も出てくるので200円~500円程度がいいでしょう。

お礼の品におすすめなもの
  • 小分けのお菓子
  • 入浴剤
  • ハンドクリーム
  • 靴下やはんかち
  • ボールペンなど筆記用具

④引き止められて困らないためにできること

改善できる退職理由を選ばない

よくあるのが「勤務時間が長い」「給料が安い」といったことをそのまま伝えてしまい、「そこを改善するから辞めないで!」と言われること。

そうではなく退職する意志が固まっているなら、なるべく今の職場ではできないスキルアップなどを退職理由にするとスムーズかと思います。

退職理由で悩んでいる方には【例文10選!】保育士の退職理由を上手く伝えるには?がの記事がおすすめです。

転職先を決めてから退職することを伝える

引き止められないために一番おすすめなのが「転職先を決めてから退職することを伝える」こと!

これだと、引き止めてしまうと次の園にも迷惑がかかってしまうので「確実に退職する」という強い意志で辞意を伝えられるでしょう。

転職先を探したり、上手く退職と次の園の手続きなどをやりくりしたい方におすすめなのが転職サイトの利用です。

自分に合った求人を探してくれるだけでなく、次の園の面接や連絡のやりとりまでしてくれるので忙しい在職中に転職を決めるなら必須になってきます!

最後にそんな転職におすすめな保育士転職サイトをご紹介して終わりますね^^

転職が有利になるおすすめの転職サイト

マイナビ保育士
評価
求人数 10000件以上
求人エリア 都会がメイン
特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 大手転職サイトの安心感
  • 直接面談もOK
  • Pマーク取得企業

(Pマーク=プライバシーマーク)

\ マイナビ保育士の /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

保育ひろば
評価
求人数 18000件以上
求人エリア 主に首都圏
特徴
  • 首都県の求人数は業界トップクラス
  • アドバイザーが優秀
  • プライバシーマーク取得企業
  • 地方からの面接交通費が5000円まで保証

\ 保育ひろばの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

保育士WORKER
評価
求人数 45000件
求人エリア 全国
特徴
  • 求人が業界トップクラス
  • 知名度も高く利用者満足度97%
  • 全国に専任のアドバイザーがいる
  • 休日対応もあり

\ 保育士WORKERの /

口コミ・詳細ページ公式ページ

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です